ここから本文です

高橋一生が「わろてんか」でイケメン青年実業家役「題名のように楽しく芝居を」

スポーツ報知 4/20(木) 16:08配信

 ドラマ「カルテット」などの出演で人気急上昇中の俳優・高橋一生(36)が20日、NHK大阪放送局で行われた次期朝ドラ「わろてんか」(10月2日スタート)の主要出演者発表会に出席。「この作品の題名のように、楽しくお芝居ができれば」と、魅惑の低音ボイスで抱負を語った。

 ヒロイン・藤岡てん(葵わかな)と結婚するはずだったが、身を引き、てんの夫・藤吉(松坂桃李)らと日本にショービジネスを根付かせていく青年実業家・伊能栞(しおり)を演じる。

 同じく主要キャストの濱田岳(28)、松坂とはNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」(2014年)で共演した仲良し。あいさつの冒頭で高橋は「濱田さんに記者発表会で『とんでもないプライベートの事を言ってやる』と脅されて、ドキドキしてましたが、思ったより普通で安心した」と楽屋話を披露し、隣の濱田にひじでつつかれる場面も。松坂も「最近一番笑ったのは、この2人のキャスティングが決まった時。えっ、またか! と。でもうれしいです」と笑わせた。

 てんの兄役の千葉雄大(28)を含め、イケメンぞろいの配役。制作統括の後藤高久氏(52)は「高橋さんは“シュッ”としたいい男の理想型。個人的には(てんを守ろうとする)濱田さんが一番イケメンと思いますが、女性の方が気になる男の人が出てくるドラマ。自分のごひいきを作ってバラ色の毎日を楽しんでもらえれば」とアピールした。

最終更新:4/20(木) 16:08

スポーツ報知