ここから本文です

阪神・高山、代打でタイムリー二塁打 打撃不振でスタメン外れるも

デイリースポーツ 4/20(木) 21:21配信

 「中日-阪神」(20日、ナゴヤドーム)

 阪神が2点ビハインドの八回、代打・高山の適時二塁打で1点を返した。

【写真】今季初タイムリーを喜ぶ高山

 2死一、二塁で迎えた場面。梅野の打順で金本監督は代打・高山を告げた。中日ベンチはここで左腕・岩瀬にスイッチ。代打の代打も選択肢にある中で、指揮官は左対左でも高山を打席に送った。

 高山はこの日、打撃不振で開幕から16試合目で、初めてスタメンを外れていた。1ボールから2球目。外角の130キロスライダーをフルスイング。ライナー性の打球は左中間に飛んだ。

 指揮官の無言のゲキに奮起する一打で1点差に迫った。

最終更新:4/20(木) 21:26

デイリースポーツ