ここから本文です

羽生結弦「余計な気持ちや思いが入りすぎた」SP7位

スポーツ報知 4/20(木) 21:44配信

◆フィギュアスケート 国別対抗戦 第1日▽男子SP(20日、東京・代々木第一体育館)

 男子ショートプログラムが行われ、日本のエース・羽生結弦(22)=ANA=は、83・51点で7位だった。最初の4回転ループが1回転になると、続く4回転サルコー―3回転トウループは、単発になった。「悪い癖が出てしまった。余計な気持ちや思いが入りすぎた」と反省が口をついた。

 今季最後のSPは「やりながら、成長していないなと思った」という。21日、今シーズン最後のフリーに向けては「(国別対抗戦は)今日の試合の合計ではなく、順位で戦い、みんなで戦う大会。明日の試合ではしっかり演技をしたい」と切り替えた。

最終更新:4/20(木) 23:22

スポーツ報知