ここから本文です

【MLB】上原1回完ぺき、カブスはA.ラッセルが逆転サヨナラ弾

4/20(木) 13:16配信

ISM

 シカゴ・カブスの上原浩治投手は現地19日、地元で行われたミルウォーキー・ブリュワーズ戦に2点を追う8回から4番手として登板。1イニングを三者凡退に抑えた。カブスは7対4でサヨナラ勝ち。

 カブスは2対4で迎えた8回、アディソン・ラッセル遊撃手のタイムリーで1点を返すと、続く9回に昨季MVPのクリス・ブライアント三塁手が適時打を放ち、同点に追いつく。さらに2死二、三塁の場面でラッセルからサヨナラの2号3ランが飛び出し、劇的な勝利を収めた。

 カブスは前日も劣勢を覆し9対7でブリュワーズを下しており、ラッセルは「これが俺たちのプレースタイルだ」とコメント。「みんな強くそう思っているんだよ。どうやら、だめだと思われた時こそ、俺たちは爆発するみたいだね」と語っていた。(STATS-AP)

最終更新:4/20(木) 13:16
ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/27(火) 18:25

Yahoo!ニュースからのお知らせ