ここから本文です

シェネル、主題歌担当『リバース』撮影現場を訪問 藤原竜也「日本語わかってるのでは?」

4/21(金) 4:00配信

オリコン

 歌手のシェネルが主題歌「Destiny」を担当する放送中のTBS系連続ドラマ『リバース』(毎週金曜 後10:00)の撮影現場を訪問した。その日は、藤原竜也演じる主人公・深瀬和久と戸田恵梨香演じる越智美穂子が運命的に出会うコーヒー店“クローバーコーヒー”のセットに“ラブソングプリンセス”であるシェネルが花束を持って駆けつけた。

【写真】藤原竜也、戸田恵梨香も出席した試写会の模様

 2人にねぎらいの言葉をかけ、英語で受け答えをするシェネルに、藤原は「意外にシェネル、日本語はわかっているのでは?」とつっこむと、シェネルは「ちょっと・・・ちょっとだけ(笑)」と応じて、現場は和やかな笑いに包まれた。改めて、藤原は「この楽曲は本当に力強いし、ドラマに大きな影響を与えてくれる。僕ら出演者も励みになるし、やりがいを感じます!」とシェネルに熱く感謝を込めていた。

 同ドラマは人気ミステリー作家・湊かなえ氏が原作を手がけ、大学時代のスノボ旅行で唯一の親友を亡くした男を主人公に、彼の周囲で交錯する友情、贖罪、美しい愛を描く。湊作品であるドラマ『夜行観覧車』(2013)、『Nのために』(2014)を手がけたプロデューサーや監督などスタッフが再集結した。

最終更新:4/21(金) 4:00
オリコン