ここから本文です

高級すし、焼き鳥…「好きなもの食べたかった」 連続食い逃げの高2男子2人逮捕

産経新聞 4/20(木) 15:57配信

 すし店や焼き鳥店で無銭飲食を繰り返すなどしたとして、大阪府警摂津署は20日、詐欺容疑などで、いずれも府立高校2年で17歳の少年2人=ともに同府茨木市在住=を逮捕、送検したと発表した。すし店ではトロなど高級食材ばかりを注文していたといい、「金がなかったが、好きなものを食べたかった」と容疑を認めているという。

 送検容疑は2月8日、同府摂津市内のすし店で、ウナギやトロ、車えび、大盛りイクラのすしなど45点を食べた上、代金約2万9千円を払わず逃げるなどしたとしている。

 同署によると、2人は翌9日に摂津市内の焼き鳥店で34点約9千円分、同月14日に茨木市内の別のすし店で41点約2万4千円分、3月6日に同市内のファミリーレストランで20点約9千円分を無銭飲食。さらに、3月7日には、摂津市内の路上で女性(72)が乗る自転車の前かごから、現金約5万円入りのバッグをひったくった疑いがある。

 同署が各店やひったくり現場の近くにある防犯カメラ映像を分析するなどし、少年らの関与が浮上した。2人は中学の同級生だが、別の高校に通学している。

最終更新:4/20(木) 15:57

産経新聞