ここから本文です

水卜アナ、日テレ内定も大学で騒がれず「誰も私のことなんか知らない」

サンケイスポーツ 4/20(木) 14:22配信

 日本テレビの水卜麻美アナウンサー(30)が19日、同局系「今夜くらべてみました ゴールデン初回2時間SP」(後7・56)に出演し、「大学デビュー失敗」や「ミスコンに誰にも推薦されなかった」過去などを明かした。

 番組では、「好きな女性アナウンサーランキング」で2013年から4連覇を達成するほどの人気アナに成長した水卜アナの生い立ちを取り上げ、幼少期のVTRなどが流れた。

 「アナウンサーになりたいっていうのを秘めていたので、慶応ってやっぱりちょっと近道かなって思って行った」と話す水卜アナは、06年に慶大に入学。同時に、自身の地味なイメージからの脱却を試みたが、入学式での周りのキラキラとした同級生を見て、「『あっ、間違えました』っていう感じで、結構ショックだったのを覚えています」と“大学デビュー失敗”に苦笑いを浮かべた。

 また大学時代、女子アナへの登竜門ともなっているミスコンへの出場に意欲を見せていたが「(人から)推薦されれば出られたと思うんですけど、あれってどうやって行われてるのかなあと思って、気付いたらすべての選考が始まり、すべてが決まってて、4年間誰にも推薦されないまま終わった」という。

 女子アナになることが幼少期からの夢だった水卜アナだったが、「小学校のとき、卒業アルバムに書いて以来はずっと言えず…。高校で1回、先生に面談で言って笑われた」と話すほど、あまり周囲の人間には相談しなかったという。

 その後、同局から内定をもらい、大学内では騒ぎになるかに思われたが、「友達が本当に少なかったので、大学で『今年は日テレのアナウンサーが大学にいるらしい』って噂があって、結構耳にしたんですけど、誰も私のことなんか知らないので『文学部にいるらしいけど誰? そんな人いた?』みたいな感じになってて」と当時の存在感のなさを嘆いていた。

最終更新:4/20(木) 14:22

サンケイスポーツ