ここから本文です

14年の2歳女王ショウナンアデラが引退、繁殖入り

サンケイスポーツ 4/20(木) 16:07配信

 2014の阪神ジュベナイルフィリーズ・GIの優勝馬ショウナンアデラ(牝5歳、美浦・二ノ宮敬宇厩舎、父ディープインパクト、母オールウェイズウィリング、母の父Elusive Quality)が4月20日付でJRAの競走馬登録を抹消した。今週の福島牝馬Sに登録していたが、19日の追い切り後に脚部不安を発症して引退となった。今後は、北海道日高町のクローバーファームに移動して体調を整えた後に繁殖牝馬となる予定だが、繋養先は未定。

 「最後まで脚もとが弱くて目いっぱいの調教ができなかった。2歳のGIを勝ったときは本当にすごかったよ」と二ノ宮調教師。

 ショウナンアデラは通算成績7戦3勝。獲得賞金8417万5000円。2017年4月1日のダービー卿CT・GIII(16着)が現役最後のレースになった。

最終更新:4/20(木) 18:02

サンケイスポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ