ここから本文です

オリックス・宮崎が初の1試合2本塁打!武田はプロ1号弾で金子を援護

サンケイスポーツ 4/20(木) 20:14配信

 (パ・リーグ、日本ハム-オリックス、5回戦、20日、東京D)オリックス・武田健吾外野手(23)がうれしいプロ初本塁打。宮崎祐樹外野手(30)はプロ入り後、初の1試合2本塁打を放ち、好投する先発金子を援護した。

 0-1で迎えた三回、この回先頭打者の武田は日本ハム先発・加藤の5球目を振り抜くと、打球は右翼スタンドへ飛び込むプロ初本塁打。「打った瞬間はスタンドまで届くとは思いませんでしたが、振り切った分だけ伸びてくれましたね。プロ第1号がいい場面で打ててよかったです!」と、先発金子を援護する一撃になった。

 さらに、一死走者なしから宮崎が加藤の2球目を叩くと、打球は左中間スタンドへ飛び込み今季1号ソロとなった。「ツーボールだったので、球種を絞って打ちにいきました。ストレートをしっかりと捉えることができましたね。とにかく勝ち越すことができてよかったです!」と喜んだ。

 宮崎は七回に、この試合2本目の本塁打を放ち2点を追加。金子を援護射撃した。

最終更新:4/20(木) 23:07

サンケイスポーツ