ここから本文です

DeNA、首位広島に連勝で2カード連続勝ち越し!梶谷が延長制す適時打

サンケイスポーツ 4/20(木) 22:05配信

 (セ・リーグ、広島3-5DeNA=延長十回、3回戦、DeNA2勝1敗、20日、マツダ)DeNAは延長十回に梶谷隆幸外野手(28)の適時打で勝ち越しに成功し、そのまま逃げ切った。最後は新守護神のスペンサー・パットン投手(29)がきっちり締めて、首位広島に連勝。2カード連続で勝ち越した。

 この日、ここまで4打数3三振の梶谷が最後に試合を決めた。3-3で迎えた延長十回一死満塁。チャンスで打席が回ると、広島・今村の投じた2球目の甘く入ったスライダーを中前へ弾き返した。三走の戸柱が生還し、勝ち越しに成功した。続く筒香も代わった飯田から左翼へ犠飛を放ち追加点。3、4番の2人が好機に応えた。

 3点リードにした七回に先発井納が捕まり、振り出しに戻される苦しい展開も、後を継いだ砂田がその後のピンチを見事に火消し。八回は山崎康、九回は三上が広島打線を封じた。勝ち越しに成功した十回はパットンが登板し、三者凡退で抑えて連勝となった。

 梶谷は「ピッチャーが頑張っていたので、連勝できるようにと思っていました。漠然と考えていたんですけど、その前の打席で三振をしていたのですが、感じは悪くなかったので思い切っていきました」と決勝打を振り返った。そして、「首位の強いカープに連勝できたことは乗っていけると思います」と気合を入れ直した。

最終更新:4/20(木) 22:05

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/29(土) 8:45