ここから本文です

(朝鮮日報日本語版) 国政介入:崔順実被告の娘、デンマークが送還決定

朝鮮日報日本語版 4/20(木) 10:08配信

 ロイター通信などの19日の報道によると、デンマークの裁判所は、韓国での国政介入事件で起訴された崔順実(チェ・スンシル)被告の娘、チョン・ユラ氏を韓国に送還することを決めた。しかし、チョン氏の弁護士は直ちに上訴する方針を明らかにしており、実際にチョン氏が韓国に送還されるまでには時間がかかる見通しだ。

 デンマークのオールボー地裁は、チョン氏が送還決定を不服として起こした裁判で同氏の韓国送還を決定し、拘置所への再収監を命じた。チョン氏の弁護士は裁判所の決定を不服とし、高裁に上訴する意向を表明した。チョン氏はデンマークへの政治亡命は求めない方針とされる。

 チョン氏は同日、韓国メディアとのインタビューで、母親の崔被告と朴槿恵(パク・クンヘ)前大統領の関係について、「私が幼かったころから両親が朴前大統領と仕事をしていた。部下だっただけで、利用するような間柄ではなかった」と話した。チョン氏は朴前大統領の罷免に関する質問には「答えない」とした。

 本人が当事者となっている梨花女子大への入学に関する不正疑惑については、一貫して「知らない」とした。チョン氏は「学校や自分の専攻については全く知らない。子どもがいるので入学式にも行かなかった。梨花女子大で講義を聞いたこともテストを受けたこともない。梨花女子大の教授と連絡を取ったこともない」と主張した。

 今年1月にオールボーで逮捕されたチョン氏は現地拘置所に収監されたまま、帰国を拒否している。

 

最終更新:4/20(木) 10:52

朝鮮日報日本語版