ここから本文です

「日本3.0」大企業とスタートアップがイノベーションを創出するには?--佐々木紀彦×高宮慎一×斎藤祐馬×佐藤真希子

4/20(木) 17:00配信

SENSORS

SENSORS IGNITION 2017 トークセッション「日本3.0 日本の将来、何に投資すべきか?」。佐々木紀彦氏(NewsPicks)がモデレーターを務めた本セッションには、高宮慎一氏(グロービス・キャピタル・パートナーズ)、佐藤真希子氏(iSGSインベストメントワークス)、斎藤祐馬氏(トーマツベンチャーサポート)の三名が登壇。明治維新から敗戦までの「日本1.0」、敗戦から今日までの「日本2.0」に続き、「2020年前後から大変革が起こる」と佐々木氏が提唱する「日本3.0」に向け、日本はどこに投資をし、イノベーションを創造していくべきなのか。日本にもチャンスが大きいフロンティア、イノベーター人材の条件、オープンイノベーションの鍵を探っていく。

【画像8枚】「「日本3.0」大企業とスタートアップがイノベーションを創出するには?--佐々木紀彦×高宮慎一×斎藤祐馬×佐藤真希子」画像一覧

■高宮慎一が考える「日本3.0」に向けた三つのフロンティア

佐々木:本セッションのタイトルにもなっている『日本3.0』は、私が今年初めに上梓した本に由来しています。問題意識としては、2020年前後にかけて日本のなかで非連続な変化が起こるのではないかということ。大企業とスタートアップの境界線が薄まり、AIやIoTといったテクノロジーの進化がビジネスにも波及することで、新たなイノベーションが起こりつつあります。本日は、日本を代表する投資家、起業家の方にお話をうかがっていきます。

まず最初のテーマは、「ベンチャーキャピタリストが注目する日本の投資領域」。2020年に向けてどういった企業、分野、人が投資領域としてホットになっていくかをうかがってみたいと思います。

高宮:時間軸の短い順に3つあるのではないかと思っています。一つ目が「ポスト・デバイスシフト、ポスト・ソーシャル」。ここ3~5年の間にガラケーからスマホに変わる分かりやすい波がありました。とはいえ、デバイスが変わったことでユーザーの根源的なニーズが変わったわけではありません。PC・ガラケー時代からあるゲームやコマースをスマホに最適化するだけです。大きな領域がすでにスマホシフトされた今、次に問われるのが「ポスト・デバイスシフト」なのではないか。付言しておくと、熱量の大きい細かなバーティカルにも目を向けておく必要があるでしょう。「SHOWROOM」が好例ですが、全体の母数は小さくてもファンの熱量が大きいバーティカルはかなり盛り上がっていますし、課金率も高い。そのため、全体のビジネス・エコノミクスとして成立するということです。

「ポスト・ソーシャル」というのは、皆さんのなかでも実感されている方もいらっしゃるかもしれませんが、「Facebook疲れ」のような状況です。その流れで出てきたのが、「Snapchat」のような新たなSNSやグループチャットのような「ドヤらないでもいい」「クローズドな」スペースができつつあります。その中で、今までのウェブ上ではトラッキングできなかったようなデータが生まれつつあるので、そこがまた宝の山として注目されています。

1/5ページ

最終更新:4/20(木) 17:00
SENSORS