ここから本文です

きょうは二十四節気「穀雨」 九州で雨の所も

4/20(木) 5:35配信

ウェザーマップ

 きょうは、二十四節気の「穀雨」。4月20日ごろから立夏の前日までの期間で、春の季節の最後にあたり、穀物の種や苗を潤す雨が必要な時期となる。

 きょうは、きのうまで大雨や暴風をもたらしてきた低気圧は東へと離れ、日本付近は高気圧に覆われて、午前中は、東日本の太平洋側を中心に、広い範囲で晴れとなりそうだ。
 午後は、やや雲が広がりやすくなるが、沖縄を除いて、日中は大きな天気の崩れはなく、雨は降らないところがほとんどとなりそうだ。
 気温は、きのうよりも低い所が多く、4日連続で25℃以上の夏日となっていた東京でも、21℃とこの時季らしい気温に戻る。

 あすにかけて低気圧や前線が西から近づき、次第に雨の範囲が広がる見込みだ。早い所では、九州南部で、きょうの夜にも雨が降り出すところがある。あすは、西日本~東日本の太平洋側を中心に、穀物を潤す雨が降りそうだ。
(気象予報士・宮崎 由衣子)

最終更新:4/20(木) 10:29
ウェザーマップ