ここから本文です

不法投棄防止へ来月に合同パトロール

山梨日日新聞 4/20(木) 9:38配信

 山梨、静岡、神奈川の3県は17日、静岡県庁で「富士箱根伊豆地域不法投棄防止連絡会議」を開いた。3県の担当者約20人が出席し、不法投棄防止に向けた対策などを話し合った。
 同会議は、2006年に3県の知事が「3県サミット」を開いた際に、不法投棄対策に連携して対応することを決めたことがきっかけで、毎年開催している。
 会議は非公開で行われた。山梨県からは不法投棄対策として、各地域の廃棄物対策連絡協議会の監視員が定期的に巡回していることや、NPO法人が富士山麓に不法投棄された廃材などを回収していることなどを報告した。
 会議では、5月に3県合同で不法投棄防止パトロールを行うことなどを確認した。

最終更新:4/20(木) 9:38

山梨日日新聞