ここから本文です

【NFL】逆転劇の立役者、QBブレイディはホワイトハウスを訪れず

4/20(木) 11:36配信

NFL公式サイト日本語版

ニューイングランド・ペイトリオッツのクオーターバック(QB)トム・ブレイディは現地19日(水)にホワイトハウスを訪れるチームに同行しなかった。ホワイトハウスでは第51回スーパーボウル覇者であるペイトリオッツを祝福するセレモニーが催されるが、ブレイディは同日午前に声明を発表し、次のように説明している。

【第51回スーパーボウル】ペイトリオッツ対ファルコンズ

「今日、僕たちのチームがホワイトハウスで称えられることは本当に幸せだし、ワクワクしている」

「僕たちのチームはこの先何年も全員が誇りに思える特別なことを成し遂げた。この名誉あるセレモニーを開き、チームを応援してくださる大統領に感謝する。ここ最近、いろいろなことがあり、家庭の事情があって今日のセレモニーには出席できない。今後、何年もチャンピオンシップに勝ち続けるゴールを達成できれば、またすぐにサウスローン(ホワイトハウス南側にある芝生の広場)を訪れられるだろう。最高の1日を!」

ブレイディは事情を詳しく説明していないが、同日、『Instagram(インスタグラム)』に「姉さんたちと僕が愛、フレンドシップ、思いやりの最高の例を目の当たりにしてきて48年! 母さんと父さんに愛をこめて!」と投稿している。

ブレイディは以前も2度、ホワイトハウス訪問に同行していない。ペイトリオッツが前回、同地を訪れたのはシアトル・シーホークスに勝利した第49回スーパーボウル後で、バラク・オバマ大統領(当時)から祝福を受けている。この時、ブレイディは日程の通知が直前になってしまったため、予定を調整できなかったと理由を説明していた。