ここから本文です

[UCL]香川先発のドルトムント、ムバッペ&ファルカオのゴールで前半から0-2とリードを許す

4/20(木) 4:41配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ドイツの雄が敵地へ乗り込む

ドイツのドルトムントが19日、チャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグでモナコと対戦し、日本代表MF香川真司は1stレグに続き先発出場を果たしている。

本拠地にて開催された第1戦を2-3で敗れていたドルトムントのトゥヘル監督は、絶対に負けられないこの大一番でオバメヤンや香川、ヴァイグル、そして復帰したばかりのロイスもスタメンに起用。一方、モナコのジャルディム監督もファルカオ&ムバッペというお馴染みのコンビを並べるなどし、ファビーニョを除くほぼベストメンバーでこの一戦に臨んでいる。

試合は開始3分にいきなりスコアが動く。モナコの左SBメンディが猛スピードで駆け抜けインサイドへ侵入すると、そのまま思い切り良くシュート。GKビュルキはこれをキャッチできず、こぼれたボールを18歳のムバッペが冷静に流し込んで先制に成功する。これが欧州を席巻する新鋭にとってチャンピオンズリーグでの4試合連続ゴールであり、アウェイのドルトムントは突破に向けて少なくとも3得点が必要になってしまう。

しかし、その後もモナコの猛攻が続き、17分には左サイドからのクロスをベテランストライカーのファルカオがヘッドで合わせ、追加点。なんとか一矢報いたいドルトムントは27分にドゥルムを下げてデンベレを投入し、攻撃的布陣へ切り替えると、前線でのチャンスが増加するも、なかなか良い形でシュートを放つことができない。結局、ファーストハーフはモナコが2点のリードを守って終了。ドルトムントによる後半の巻き返しに期待だ。


[メンバー]
モナコ:スバシッチ、トゥレ、グリク、ジェメルソン、メンディ、バカヨコ、モウチーニョ、ベルナルド・シウバ、ルマル、ムバッペ、ファルカオ

ドルトムント:ビュルキ、ピシュチェク、パパスタソプロス、ギンター、ゲレイロ、ヴァイグル、サヒン、ドゥルム(→デンベレ 27)、ロイス、香川、オバメヤン

[スコア]
モナコ 2-0 ドルトムント

[得点者]
モナコ:ムバッペ(3)、ファルカオ(17)
ドルトムント:なし

前半終了時点

http://www.theworldmagazine.jp