ここから本文です

世界最小のシカの赤ちゃん名前決定 県こども動物園で来園者が投票

埼玉新聞 4/20(木) 10:30配信

 埼玉県東松山市岩殿の県こども動物自然公園で、今年2月に誕生した世界最小のシカ「プーズー」の赤ちゃんの名前が「ラピス」(オス)に決まった。

 プーズーはチリ南部やアルゼンチンの一部に生息。昨年6月、動物交換を通して交流のあるチリのサンチアゴ・メトロポリタン公園からオスとメス各2頭が贈られた。12月から日本初公開しており、出産は初めて。

 ラピスの父親は、サイ(オス、3歳)、母親はピナ(メス、1歳)で、2月9日に生まれた。すでに屋外放飼場内を走り回り、元気な姿を見せているという。

 4月1日~9日まで、同園で用意した名前(5候補)から来園者に投票してもらい、最も票を集めたのがラピスだった。チリ産の宝石「ラピスラズリ」から採った。

 ラピスに投票した方の中から抽選で5人を招待、23日午前11時30分から、プーズー舎横で、名付け親認定式を行う。同園では「ぜひ、遊びにきてください」と呼び掛けている。

最終更新:4/20(木) 10:30

埼玉新聞