ここから本文です

アイデア満載! 男女で評価が両キョクタン! ~ドラマ『3人のパパ』好発進!~

4/20(木) 18:06配信

トレンドニュース(GYAO)

『テッペン!水ドラ!!』は、2015年秋改編でGP帯(夜7~11時)ドラマを、深夜枠ならではのエッジが効いた新しい企画の開拓や、次世代のドラマクリエイターの発掘・育成を目指す観点から始まった。
2015年にオダギリジョー主演『おかしの家』で始まり、前田敦子『毒島ゆり子のせきらら日記』で最高視聴率2.5%を記録した。他に松井珠理奈(SKE48)『死幣-DEATH CASH-』、剛力彩芽『レンタルの恋』など、尖(と)がったドラマを中心に放送してきたが、今回の『3人のパパ』はハートフルコメディと大きく路線を変えてきた。
ただしコメディとはいえ、実はアイデア満載の志が尖った作品である。

「3人のパパ」最新話を無料配信中>>

■アイデア1: イケメンがイクメン

ルームシェアをして暮らす3人のイケメン男子の家に、突然赤ちゃんがやってきた!
平林拓人(堀井新太)は遅刻魔のサラリーマン。拓人が帰宅すると部屋の中で赤ちゃんがスヤスヤと眠っていた。そこには「しばらく預かってください。あなたの子供です。」と名のないメッセージが残されていた。
ルームメイトの一人、羽野恭平(山田裕貴)は大手商社に勤めるエリートで、婚約者の高橋るい(相楽樹)と交際中だが合コンで知り合った何人かとひそかに浮気していた。
もう一人のルームメイトの岡山朔(おかやまはじめ)(三津谷亮)はアパレルブランドで働き、クールでマイペース。センスが良く中性的なので女性にモテるが「女性に興味がない」と言う。

突然現れたベビーに仰天しながら誰が父親なのかを話し合うが、みんなそれぞれ心当たりがあり誰も現実を受け入れない。それどころか責任逃れをし、赤ちゃんの存在さえも隠そうとする。
ところが泣きやまない赤ちゃんのオムツを替え、発熱した赤ちゃんをついに「ほっとけない!」と拓人が心を決め看病し始めると、恭平も朔も手伝うのだった。
ドラマ制作の意図はイケメンをイクメンにするだけでなく、今ドキの男をイクメンに育てようとしているな、これは!

1/3ページ