ここから本文です

宇部市が部活指導員を募集

宇部日報 4/20(木) 17:03配信

教員の負担軽減、文化系を含む16種目

 宇部市教育委員会は、公立中学校で部活動を教える臨時職員の「部活動指導員」を募集する。スポーツ、文化系16種目を対象に公募。書類選考と面接試験を経て登録者(各種目2、3人)を決め、6月から随時派遣する。初年度の派遣予定者は9人。

 生徒の競技力・技術力の向上と、教員の多忙解消、負担軽減が狙い。指導員は学校の運営方針に従い、教育的意義を考慮しながら、専門的な指導と部員の成長を支援。学校や担任教員と連携した部活動の実技指導、安全指導、引率などを担う。

 対象種目は軟式野球、サッカー、バレーボール、バスケットボール、ソフトテニス、テニス、バドミントン、卓球、陸上競技、ソフトボール、柔道、剣道、水泳、吹奏楽、華道、茶道。報酬は時給1200円で、1カ月の上限は20時間。雇用期間は来年3月末だが、更新の可能性はある。

 応募資格要件は、教育現場にふさわしい人格と意識を持ち、社会人を含む部活指導の経験があって、専門的な指導のできる20歳以上の人。受け付けは5月9日まで(郵送の場合は同8日の消印有効)。2段階の審査により5月中旬に登録者、下旬には部活運営状況や専門種目に応じて派遣者を決める。登録申込書は、市のホームページからダウンロードできる。

最終更新:4/20(木) 17:03

宇部日報