ここから本文です

セレナが妊娠したとスポークスマン発表 [女子テニス]

THE TENNIS DAILY 4/20(木) 17:01配信

 世界2位のセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が妊娠した。彼女が記した経過時間をもとに判断すると、1月の全豪オープンで優勝したときにはすでに妊娠していたということになる。

セレナが婚約の申し込みにイエスの返事

 セレナのスポークスマンであるケリー ブッシュ・ノバックは水曜日にAP通信への電子メールの中で、『セレナがこの秋に子供の誕生を予定しているとご報告できることをうれしく思います』と書いた。

 同日のより早い時間にはセレナがスナップチャットに『20週』とのキャプション付きで自身の写真を投稿し、彼女が妊娠しているのか否かについてソーシャルメディア上であらゆるタイプの憶測を勃発させた。

 35歳のセレナは12週間前、1月の全豪オープンで23度目のグランドスラム・シングルス・タイトルを獲得。以来、彼女は大会に出場していなかった。セレナがインディアンウェルズとマイアミを欠場すると決めたときは膝の故障を理由に挙げていた。

 セレナは昨年12月末にソーシャル・ニュース・ウェブサイト、レディット(Reddit)の創始者のひとりであるアレクシス・オハニアン氏との婚約を発表していた。

 これでセレナはテニスシーズンの残りの期間をコート外で過ごすことになる。このことは彼女が比類なきスターとして君臨しているスポーツ----テニスにとって打撃だが、一方でほかの競技者にとってはグランドスラム・タイトルを獲ることがより容易になるという見方もあるだろう。

 次のグランドスラム大会は5月28日にパリで開幕する全仏オープン、そして7月初めのウィンブルドン、8月下旬の全米オープンが続く。

 テニスプレーヤーが母親になったあとにコートに戻ってくるという最近の例はいくつかある。元ナンバーワンのキム・クライシュテルス(ベルギー)は家庭を持つため短い期間引退したが、それからカムバックして4度目のグランドスラム・タイトルを獲得した。もうひとりのナンバーワンであり、2度のグランドスラム優勝者であるビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)も子供を出産したあと、もう一度グランドスラム・タイトルを獲得するためツアーに戻ると発表しており、まもなくだ。

 セレナの「23」のグランドスラム・タイトルは、1968年のオープン化以降で最多記録となる。彼女は今年の全豪オープン優勝でシュテフィ・グラフ(ドイツ)とのタイ記録を破った。

 セレナより多く勝った女性はたったひとりだけいる。それはマーガレット・スミス コート(オーストラリア)で、彼女は「24」のグランドスラム・タイトルを持ち、その一部はアマチュア時代に獲得している。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 28: Serena Williams waves to the crowd as she leaves the court with the Daphne Akhurst Trophy after winning the Women's Singles Final against Venus Williams of the United States on day 13 of the 2017 Australian Open at Melbourne Park on January 28, 2017 in Melbourne, Australia. (Photo by Scott Barbour/Getty Images)

最終更新:4/20(木) 17:01

THE TENNIS DAILY