ここから本文です

ポップデザイン路線を突っ走る超個性派SUV“シトロエン C5エアクロス”登場!【上海ショー2017】

オートックワン 4/20(木) 12:14配信

シトロエンは、2017年4月19日に開幕した上海モーターショーにて新型SUV“C5エアクロス”を発表した。

超個性派SUV“シトロエン C5エアクロス”フォトギャラリー

シトロエン C5エアクロスは名称からもお分かりの通り、C5というアッパーミドルサイズのモデル。今春のジュネーブモーターショーに発表された“Cエアクロス コンセプト”と非常によく似たテイストのデザインが最大の特徴となっている。すでに大ヒットしている“C4カクタス”の発展形と言ってもいいだろう。

C5エアクロスのデザインは突然生まれた訳ではなく、2年前となる2015年の上海モーターショーで発表されたコンセプトカー“エアクロス”そのものでもある。

また、2017年秋のパリモーターショーで発表された、あっと驚くクロスオーバー風となった新型C3も同様のテイストを持ち合わせている。つまり近年のシトロエンは、すっかりC4カクタス風のポップなデザインのSUV路線を突っ走っているのだ。

C5エアクロスは、やや大柄ではあるものの、土台にはPSAグループの多くが使うEMP2プラットフォームが採用されている。

そして楽しみなのが、新しいプログレッシブ・ハイドロリック・クッションというサスペンションを備えていること。

このサスペンションにより、典型的なシトロエンの乗り心地を実現させるというのだから期待が高まる。なんといってもシトロエンの極上の乗り心地は、古くからの大きな魅力のひとつであるからだ。

室内に目を移すと、12.3インチTFTデジタルメーターと8インチタッチスクリーン。アクティブセーフティブレーキ、アクティブレーンデパーチャーウォーニング、ストップ機能付きアダプティブクルーズコントロールなどの最新の運転支援機能も用意される。

デザインは奇抜だが、最新モデルらしい高い機能性が備わっている。

また、最新のプジョーSUVと同様に、グリップコントロールとヒルディセントコントロールもあり、SUVらしい高い走破性も身につけているという。

1/2ページ

最終更新:4/20(木) 12:14

オートックワン