ここから本文です

【GP3】バルセロナ合同テスト初日:福住仁嶺が2番手のチームメイトを0.4秒以上離し、トップタイムをマーク

4/20(木) 12:20配信

motorsport.com 日本版

 GP3開幕前最後のプレシーズンテストがバルセロナのカタロニア・サーキットで始まり、福住仁嶺(ARTグランプリ)が初日のトップタイムをマークした。

【写真】元F1ドライバーのロバート・クビサは、イタリアでGP3のプライベートテストに参加

 午前中のセッションはウエットコンディションでスタート。徐々に路面が乾いていく難しい状況の中、レオナルド・プルチーニ(アーデン)、ドリアン・ボコラッチ(トライデント)、ジョージ・ラッセル(ARTグランプリ)がコース上でマシンを止め、計3度赤旗が掲示された。

 午後のセッションは完全にドライのコンディションとなった。福住はセッション開始1時間の時点で1分33秒685をマーク。このタイムを上回るドライバーは現れず、セッションをトップで終えた。チームメイトのアンソニー・ヒューバートが、福住から0.435秒遅れの2番手となった。

 午前のセッションでトップタイムを記録したアルジャン・マイニ(Jenzer Motorsport)は福住から0.775秒遅れの3番手、メルセデスの育成ドライバーであるラッセルは5番手となった。

 元F1ドライバー、ジャン・アレジの息子であるジュリアーノ・アレジ(トライデント)は6番手だった。

Alex Kalinauckas