ここから本文です

発酵デザイナーが思い描く、未来の「微生物的人間」とは?

ホウドウキョク 4/20(木) 18:30配信

「発酵×IT」

「テクノロジー×日本の精神性」をテーマに3名の識者と未来のあり方を探るトーク番組「H.SCHOOL (2017.04.15 OA) 」。発酵デザイナーの小倉ヒラク氏が日本人と発酵について解説する。

この記事の動画を見る


小倉ヒラク
僕は、微生物学の研究とデザイナーの二足のわらじを履いて、それを合体させたような仕事もしてます。具体的には、菌の培養の仕方や発酵食品の作り方を一般の方向けにひも解くワークショップとか、自治体などと協力して、例えば「発酵を使った街づくり」を打ち出したりとか、発酵技術を使った商品開発とか、詳しくはgoogleで検索してください(笑)。

日本史上初めて出てくるお酒

小倉
日本の歴史の中ではじめて「発酵」が出てくるのは古事記です。古事記に、ヤマタノオロチをお酒に酔わせて殺したという話が出てきて、これが発酵食品が出てきた始めてのお話です。

これに前後して編纂された播磨国風土記に、具体的なお酒の話が出てきます。それは発酵醸造界ではすごく有名な「みかれいぬれてかびはえき」という言葉からはじまる一節で、どんな内容かというと、「神様にお供えしたオコワが露でカビたらお酒になっちゃって美味しかったから皆でパーティーしたよ」っていうポエムなんです。

つまり日本人にとって発酵の原点というのは3つです。一つが「お酒」。もう一つがお酒を作った「カビ」。最後が「神様」で、この3つが分かちがたく結びついてる。今でも伊勢神宮の中には、お酒を作る場所が残っていて、「さけのつかさ」という人が、甘酒を発酵させた「どぶろく」みたいなお酒を作って神様にお供えしています。

お酒は神の世界を開く扉だった

小倉
「お酒」っていうのはもともとなんだったのか。もちろん酔っ払って楽しいっていうのもあるんですが、神様の世界へのチャンネルを開くものだったんです。お酒を飲むっていう事は、ある種シャーマンの世界に入っていくということなんですね。昔の日本の和歌とかにも、お酒やカビの記述がいっぱい出てくるんですけど、それが出た時っていうのは必ず異界への扉が開く時だったんだと僕は思っています。

1/3ページ

最終更新:4/20(木) 18:30

ホウドウキョク