ここから本文です

<マンション火災>子どもら搬送…長女死亡、2人重体 レンジ火元か

埼玉新聞 4/20(木) 22:27配信

 19日午後9時50分ごろ、埼玉県さいたま市南区沼影2丁目のマンション「マ・メゾン寿」の一室から出火。1階の飲食店アルバイト大和田歩さん(31)方が燃え、子ども3人が煙を吸い込み喉にやけどを負うなどして救急搬送された。この火事で大和田さんの長女結愛(ゆめ)ちゃん(4)が死亡し、長男(5)と次女(8カ月)が意識不明の重体。浦和署はリビングの床に置いてあった電子レンジが火元とみて、出火原因を調べている。

 同署によると、大和田さんは子ども3人との4人暮らし。子どもたちは同じ6畳の和室で倒れていた。大和田さんは都内の飲食店に勤務するため、同日午後6時ごろから外出しており、出火当時は不在だったという。

 部屋は3LDKの間取り。電子レンジはリビングの台所寄りの壁際にあり、燃え方が激しかった。子どもたちがいた和室は火元に近く、大量の煙を吸い込んだとみられる。

 別の部屋の住民男性(57)が「部屋から煙が出ている」と119番した。火は30分ほどで消し止められ、約55平方メートルのうち約8平方メートルが焼けた。県警と消防は20日午前から実況見分し、当時の状況を調べている。

 現場はJR武蔵浦和駅から南西に約600メートルのマンションが立ち並ぶ住宅街。

最終更新:4/21(金) 3:29

埼玉新聞