ここから本文です

数千本に1本?白いカタクリ一輪健気に

デーリー東北新聞社 4/20(木) 10:17配信

 南郷短歌会名誉会長の齊藤春夫さん(77)=青森県八戸市南郷市野沢=の庭で、白いカタクリが花を咲かせている。数千本に1本、数万本に1本と言われるほど珍しいとされ、齊藤さんは「よく咲いてくれたなあ」と顔をほころばせる。

 カタクリは、早春に紫色の花を咲かせる野草。20年以上前から育てているが、白い花が咲いたのは初めてだという。

 葉の緑色も通常よりやや薄く、その姿を「白花のカタクリ植えし覚えなきされど一輪健気に咲きぬ」と詠んだ。

 齊藤さんによると、つぼみが姿を見せたのは11日ごろから。「もしかしたら白い花が咲くかもしれない」と胸をときめかせ、花が開くまでの様子を日々写真に収めていた。

 風に揺れる白い花びらを眺め、齊藤さんは「来年も咲いてほしい」とつぶやき、そっと手を添えた。

デーリー東北新聞社

最終更新:4/20(木) 10:50

デーリー東北新聞社