ここから本文です

そこまで言わしめるか モウリーニョ、1年目で選手の心を鷲掴み「監督に全てを捧げたい」

theWORLD(ザ・ワールド) 4/20(木) 12:00配信

チェルシー戦では1G1Aの活躍

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、1年目にして早くも選手の信頼を確固たるものにしている。

その心を掴まれたのはMFアンデル・エレーラだ。同選手は2014年よりアスレティック・ビルバオから加入した。前節のチェルシー戦では1G1Aの活躍で勝利に貢献するなど、ここまで素晴らしい活躍を見せている。エレーラが活躍できている理由は、今季より指揮をとるモウリーニョ監督のお陰だという。エレーラは同監督への思いをクラブ公式サイトに語った。

「とても感謝している。今シーズンは今までよりもレギュラーとして多くの試合に出れているし、ベンチにはモウリーニョ監督が座っている。自分の成長やパフォーマンスには幸せを感じるが満足はしていない。できる限りのことをこれからも続けていく。監督に全てを捧げたいんだ。初日から僕にたくさんの自信を与えてくれた。そして重要な選手になると言ってくれたんだよ」

モウリーニョ監督のファーストチョイスとなっているエレーラは、瞬く間に成長を遂げている。1年目にして選手の心をしっかりと掴み、個性を伸ばすモウリーニョの手腕はさすがといえるだろう。

https://www.theworldmagazine.jp

最終更新:4/20(木) 12:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合