ここから本文です

川俣で試験栽培「アンスリウム」...日本最大級・花の祭典出展へ

福島民友新聞 4/20(木) 10:52配信

 川俣町や近畿大などが「ポリエステル培地」を使い町で試験栽培しているアンスリウムが22、23の両日、東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開かれる日本最大級の花の祭典「フラワードリーム」に展示される。「川俣のアンスリウムが広まるきっかけになれば」。2日間で約5万人が訪れるというイベント。本格栽培を目指している生産者は、販路拡大への期待を膨らませる。
 展示に向けた箱詰め作業が19日、農業高橋佑吉さん(77)のビニールハウスで行われ、ポリエステル培地活用推進組合の組合員約10人が布で花びらの汚れを拭き取り、約500本を箱に詰めた。21日に出荷する。
 高橋さんによると、今年のアンスリウムの生育は良く、中には花びらの大きさが過去最大の15センチを超えるものもあるという。高橋さんは「どこに出しても恥ずかしくない自信作ができた」と胸を張る。鴫原秀雄組合長(73)は「川俣のアンスリウムを広く知ってもらえれば」と話した。

福島民友新聞

最終更新:4/20(木) 10:52

福島民友新聞