ここから本文です

日産がジュークとエクストレイルの中間となる新型SUV“キックス”を中国に投入【上海ショー2017】

4/20(木) 18:20配信

オートックワン

◆コンパクトSUV“キックス”を中国市場へ投入

2017年4月19日、上海モーターショーが開幕した。日産のブースは、メインステージを一番下に置き、そこから展示スペースが階段状に高くなってゆく。展示スペースは、メインステージに向かって弧を描くになっており、半円のコロシアムのようにも見える。

日産がジュークとエクストレイルの中間となる新型SUV“キックス”を中国に投入【上海ショー2017】

そのメインステージに並んだのは3台のSUVであった。ひとつは日本でもお馴染みのエクストレイル。そして、ピックアップトラックのナバラ。最後がキックスだ。

キックスは、2016年にブラジルから投入が始まったばかりのコンパクトクロスオーバー。ブラジルだけでなく、数多くのマーケットでの販売が計画されている世界戦略車だ。全長4295mm×全幅1670mm(ブラジルモデル)というサイズは、ジュークとエクストレイルの中間になる。

ちなみに中国においてコンパクトSUVは、今、最も伸びているジャンルであり、キックスは、ちょうどそこに当てはまる。また、コンパクトSUVのユーザーの多くは中国でいう「90后(90後)」という1990年代生まれの若者だ。この世代の若者は個性的でフレッシュなことが特徴だ。キックスは、そうした90后(90後)をターゲットにしているという。

また、キックスは、2014年から進めている中国の日産のブランド戦略にも合致している。それが「YOUNG NISSAN」だ。若さへの賛歌だけでなく、精神面の重視。実年齢ではなく、「情熱、挑戦、自信」といった内面性の重視。そして、インテリジェント化(知能化)と「つながる(人やクルマ、人生)」というテーマ。

これらを日産ブランドに反映することで、販売台数を伸ばすことが目的となっている。ちなみに、2017年の販売台数は年間108万台だ。SUV人気の高い中国で、サイズの異なるSUVが揃うのは、販売面でも相当に有利なことになるだろう。

さらに若々しく先鋭的なイメージを強調するのが、中国プレミアとして発表されたVmotion 2.0だ。スタイリッシュなセダンであり、自動運転をテーマにしたこのコンセプトカーは、中国の「YOUNG NISSAN」のブランド戦略にピッタリの1台といえよう。

今回のショーで感じるのは、中国ユーザーが抱く日産へのイメージは、日本とは大きく異なっているだろうということ。日本よりも活き活きと尖ったものなのだろう。

[Text:鈴木ケンイチ Photo:鈴木ケンイチ・NISSAN]

最終更新:4/20(木) 18:20
オートックワン