ここから本文です

残留争いに苦心する宇佐美所属のアウクスブルク クラブ屈指の“ダイナモ”が負傷で窮地に

theWORLD(ザ・ワールド) 4/20(木) 12:50配信

降格圏から離れたいところだが......

今季のブンデスリーガ第29節終了時点で、16位に低迷しているアウクスブルク。15日に行われた第29節で大迫勇也が所属するケルンに勝利し、リーグ戦の連敗を3で止めた同クラブだが、暗雲が漂っている。

同クラブMFク・ジャチョルが内側側副靭帯を断裂し、今季の残り試合を欠場することが決定的であると、独『Kicker』が伝えている。同選手はケルン戦の89分にマルコ・ヘーガーに対するタックルで退場処分(2回目の警告)を受けていたが、このプレイで前述の怪我を負っていたことが発覚した。

試合全体を通じてピッチを上下動できるだけでなく、フィニッシュワークに絡む回数の多さに定評があるク・ジャチョル。クラブが誇るハードワーカーを欠くことになった同クラブだが、2部降格圏や昇格プレイオフ圏内から離れることができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:4/20(木) 12:50

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合