ここから本文です

今夏こそアーセナルはお金を使う? “プレミア最高のDF“獲得へライバルとの競争を制す意志あり

4/20(木) 16:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

3バックにも適応可能?

アーセナルは今夏こそ補強に大金を投じることになるかもしれない。未だ指揮官アーセン・ヴェンゲルの去就は不透明だが、英『Daily Mirror』は守備を改善すべくサウサンプトンDFフィルジル・ファン・ダイクをターゲットにしていると報じた。

アーセナルは”3バック”を継続すべき?

ファン・ダイクは現在プレミアリーグ最高のDFの1人と言われており、チェルシーやリヴァプール、マンチェスター・シティなど強豪クラブが獲得を狙っている。獲得するには移籍金5000万ポンド程度が必要となるようだが、同メディアはアーセナルが今夏に多額の資金を投じてライバルとの競争を制す意志があると伝えており、大物獲得に本腰を入れてくるかもしれじない。

今後のアーセナルがどのような戦いを見せるかは分からないが、先日のミドルズブラ戦でヴェンゲルは3バックを採用している。今季のプレミアリーグでは3バックが流行したため、来季もこの流れが続く可能性は十分に考えられる。同メディアも今後アーセナルが3バックを使用する可能性があると考えているようで、ファン・ダイクの獲得はこのシステムを完成させるうえで重要なポイントになる。

現在のアーセナルではシュコドラン・ムスタフィ、ローラン・コシェルニーの2人くらいしか信頼できるセンターバックがいないため、ここにファン・ダイクを加えた3バックはなかなかに興味深い。システムを変えないにしてもアーセナルは守備陣に手を加える必要があるが、今夏に大物獲得は実現するか。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合