ここから本文です

ドルトムントを再び地獄に落とした”Newスター”ムバッペ スペイン紙までも絶賛「恐怖のシンデレラ」

theWORLD(ザ・ワールド) 4/20(木) 17:10配信

決勝Tで4試合5得点と爆発中

現地時間19日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグで、モナコはドルトムントに3-1で勝利した。2戦合計6-3と圧倒的な攻撃力を誇るモナコが、2003-04シーズン以来のベスト4進出を決めている。

[動画]必見! ムバッペの先制弾

この試合で18歳の“シンデレラ・ボーイ”フランス代表FWキリアン・ムバッペは、はやくも開始3分に先制ゴールを決めた。バンジャマン・メンディの強烈なシュートのこぼれ球を、押し込む形で無慈悲にゴールをこじ開けた。ムバッペはこれで今大会の決勝トーナメントに入ってから4試合連続5ゴール目を記録する。

スペイン紙『MARCA』が、ムバッペの活躍ぶりを絶賛し「恐怖のシンデレラ、ムバッペはドルトムントを再び地獄に落とすために現れた」、「モナコの若きフランス代表は将来有望な才能を持っていることを再び示した」と報じている。今季ブレイク中の新星の活躍に目が離せない。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:4/20(木) 17:10

theWORLD(ザ・ワールド)