ここから本文です

PSGの牙城を崩し、UCLでもベスト4 モナコを破壊力抜群の攻撃集団に変えた青年監督にインテルが興味

4/20(木) 17:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

コンテやシメオネらとともにリストアップ

最近はトッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノやチェルシーのアントニオ・コンテ、ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリらが指揮官として高い評価を得ているが、モナコを率いるレオナルド・ジャルディムも見逃してはならない存在だ。

ムバッペのフィニッシャーとしてのデータが凄過ぎる

近年のモナコは積極的に補強してきたものの、フランス国内ではPSGに次ぐ2番手、チャンピオンズリーグでもベスト16やベスト8あたりが限界だった。しかし、今季のモナコは破壊力抜群の攻撃陣を武器に国内リーグで首位に立っており、チャンピオンズリーグでもベスト4進出を決めている。

そのモナコを率いる42歳の青年監督・ジャルディムには注目が集まっており、伊『Mediaset』はインテルがディエゴ・シメオネ、チェルシーのコンテなどに続いて次期指揮官としてリストアップしていると報じた。あくまでも優先はコンテやシメオネになるようだが、両指揮官の招聘が実現しない場合はジャルディムに切り替えることになる。

現在のモナコでは18歳のキリアム・ムバッペを筆頭に21歳のトーマス・レマー、22歳のティエムエ・バカヨコなど若い選手が多く活躍しており、若手を育てる点も評価されている。本来であればジャルディムはもっと高い評価を得てもいいはずだが、近い将来モナコ以上のクラブに引き抜かれることになるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/