ここから本文です

自身初のプレミア制覇へ 敗戦を振り返るチェルシーDF「負けたのは審判のせいではない」

4/20(木) 21:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

プレミア優勝経験のないD・ルイス

チェルシーに今季より復帰したダビド・ルイスは、2シーズンぶりのプレミアリーグである。同選手は以前チェルシーでUEFAチャンピオンズリーグ優勝の経験はあるものの、意外にもプレミアリーグ制覇の経験はない。もし今シーズン優勝できれば初優勝となる。

首位を走るチェルシーは前節にマンチェスター・ユナイテッドに敗れ、2位トッテナムに勝ち点4差まで詰められている。確実とも思われていた優勝に暗雲が立ち込めている。D・ルイスはそのユナイテッド戦を振り返りクラブ公式サイトで語った。

「全然機能していなかったね。それに対してマンチェスター・ユナイテッドは良いプレイをしていたし、勝利に値していた。フットボールにミスはつきもの。それは審判だって同じことだし、ジャッジを下すのはこちらの仕事ではない。負けたのは審判のせいではなく、自分たちのパフォーマンスが原因だよ。トッテナムの調子は良いようだね。でもリーグ首位にいるのはチェルシーだ。まだシーズンは残っているし、試合を楽しむのが大事だよ」

D・ルイスは自身初のプレミアリーグ制覇に向け、文句は言わず自分のやることに目を向けた。チェルシーは残り6試合負けられない戦いが続く。

https://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合