ここから本文です

ケイン“得点王争いには”白旗「もう少し取っておくべきだったね」 1位ルカクとは4ゴール差

4/20(木) 23:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

得点王より優勝

トッテナムのエースであるハリー・ケインは、リーグ戦ここまで20ゴールと得点ランキング2位に付けている。1位はエヴァートンのロメル・ルカクで24ゴールだ。チームとしてトッテナムは首位チェルシーに勝ち点4差まで迫っている。

ケインはルカクに比べ8試合も出場試合数が少ないにも関わらず、素晴らしい成績を残している。しかしケインは残り6試合で得点ランクトップに躍り出ることは不可能だと考えているようだ。それよりチームとして逆転優勝することの方が重要だと語った。同選手のコメントを英『DAILY STAR』が伝えている。

「もうそこからは退散したよ。もう少し点を取っておくべきだったね。ルカクはとても良くやっている。しかし重要なことは試合に勝ち続けることだ。もう少し点を取っていたら、(得点王も)目標に入れてたかもね。だがなにが起こるか見てみよう。これからタフなゲームが続く。クリスタル・パレスとレスターのアウェイゲームに加え、ホームではアーセナルと(マンチェスター・)ユナイテッドとの試合がある。でも気持ちはとてもいいし、自信がある」

得点王争いに白旗を上げたケインだが、最後まで戦い抜くことを宣言した。これから続く厳しい戦いを乗り越えれば、自ずと副賞として得点王もついてくるかもしれない。

https://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合