ここから本文です

五輪キャンプ地県内に呼び込め 大使にメダリスト

カナロコ by 神奈川新聞 4/20(木) 16:02配信

 東京五輪・パラリンピック事前キャンプの県内誘致に向け、県は19日、五輪金メダリストの具志堅幸司さん(60)とパラリンピック金メダリストの成田真由美さん(46)を「アンバサダー」に任命した。実績と知名度を生かし、アスリートが快適に過ごせる神奈川の魅力を世界に発信していく。

 具志堅さんはロサンゼルス五輪体操の金メダリストで、川崎市出身の成田さんはパラリンピック競泳で5大会に出場し計15個の金メダルを獲得した。2人は各国の競技関係者との面会時に県内施設をPRするほか、来県した視察団にアドバイスするなど、事前キャンプ地に選んだ際のメリットをアピールする。

 県庁であった任命式で、黒岩祐治知事は「トップアスリートの2人が引き受けてくれて心強い」と述べ、任命状と名刺を手渡した。具志堅さんは「スポーツ文化を広げるため、一チームでも多くキャンプ地に決めてもらえるよう頑張りたい」。成田さんは「パラ選手が安心してキャンプをし、力を発揮できるよう、私らしく発信していきたい」と語った。 

最終更新:4/20(木) 17:27

カナロコ by 神奈川新聞