ここから本文です

描く小人の世界 佐藤さとるさん資料展示

カナロコ by 神奈川新聞 4/20(木) 16:02配信

 児童文学者で、今年2月に88歳で亡くなった佐藤さとるさんの功績を記念する展示「佐藤さとるとコロボックルの世界」が、関東学院大学横浜・金沢八景キャンパス図書館本館(横浜市金沢区)で開かれている。大学OBでもある佐藤さんの著作や直筆色紙、過去のインタビュー記事など約30点が並ぶ。

 今回の展示は、生前の佐藤さんの功績を伝えるために企画され、大学の新学期が始まる時期に合わせた。同大学広報課によると、学生から「小さい頃に本を読んでいたので懐かしい」、「卒業生だと知らなかった」といった声が寄せられているという。

 佐藤さんは横須賀市出身。小人の世界を描いた「コロボックル物語」シリーズなどの童話で知られる。1946年に同大学の前身である関東学院工業専門学校建築科に入学。在籍していた頃から童話を書き始め、亡くなる直前まで執筆活動に取り組んだ。毎日出版文化賞、国際アンデルセン賞国内賞を受賞するなど、高い評価を受けてきた。

 展示は5月13日まで。日曜・祝日は休館。問い合わせは同大学図書館本館電話045(786)7025。

最終更新:4/20(木) 17:27

カナロコ by 神奈川新聞