ここから本文です

船をイメージ、神戸港スタバが開店

4/20(木) 7:00配信

Lmaga.jp

「神戸港開港150年」を記念してリニューアルした「メリケンパーク」内に、関西エリア初の公園内店舗となる「スターバックス コーヒー 神戸メリケンパーク店」(神戸市中央区)が、4月21日にオープンする。

【写真】窓に向かう2階のカウンター席は、船首から海を眺めているかのような気分に。4月21日オープン『スターバックス コーヒー 神戸メリケンパーク店』

船をイメージして設計された2階建ての建物は、ガラス窓が大きく配され、どこからも神戸港や街並みが楽しめる360度のパノラマビュー。とりわけ2階の窓に向かうカウンター席は船首のようで、神戸港をクルージングしているかのような気分に。夜もライトアップされたポートタワーを、コーヒー片手にゆっくり楽しめるとあって、メリケンパークの新しい人気スポットとなるのは確実だ。

「神戸初出店から18年となるスターバックスは、神戸への感謝の気持ちでこの店をオープンしました」と店舗開発部長の笠井浩さん。店長の高田聖子さんは「公園内ということで、人との出会いを大切にしたい。ぜひ、バリスタにも声をかけてください。我が家、職場などに次ぐ、サードプレイスとして、誰からも愛されるお店を目指したい」と話した。また、店内には六甲山の間伐材を利用したカウンターや、コーヒー豆の豆かすを利用した建材を使用。屋上緑化もおこない、環境にも配慮した店づくりとなっている。

取材・文・写真/太田浩子

最終更新:4/20(木) 7:00
Lmaga.jp