ここから本文です

カズレーザーが「悪党だから」とバッサリ斬り捨てた芸能人とは?「あいつが悪いから」

4/20(木) 20:50配信

E-TALENTBANK

19日に放送されたフジテレビ系「良かれと思って!」に出演したお笑い芸人・メイプル超合金のカズレーザーが矢口真里について言及する場面があった。

番組ではタレントの小倉優子をゲストに迎え、離婚したばかりの小倉の門出を応援すべく、新プロフィールを作成しながらトークを展開していった。その中で、これからのタレント活動について悩んでいるという小倉に新しいキャラクターを提案した。

番組に出演していたカズレーザーは「いわゆる離婚キャラとはちょっと違うじゃないですか。ちょっと被害者側と言いますか。小倉さんに何の非もないじゃないですか」と前置きをして、「芸能人って浮気した人が途中から人格者みたいな扱われ方するじゃないですか、なんか人生経験が豊富みたいな」と話すと、同じく出演していたバカリズムやハライチの澤部佑が「誰?誰?誰のこと言ってんの?」とカズレーザーを煽り、笑いを誘った。

さらに、バカリズムが「確かに立場が違うから。他の人たちと違って、やっぱいじりづらいっちゃ、いじりづらい、逆に。悪くないから」と話すと、劇団ひとりも「意外と離婚ネタにはしづらい。だからやぐっちゃんとかは、何でも言えるじゃない」と矢口真里の名前を挙げた。すると、これに対しカズレーザーが「悪党だから、あいつは。あいつが悪いから」と矢口に対してはいじっていいと断言した。

そして最後には”矢口真里を潰していくキャラ”を提案され、これにバカリズムも「ほとぼりが冷めてったらベッキーさんとか」と付け足すと、小倉は困ったように笑っていた。

矢口は先日テレビ番組に出演した際、MCの坂上忍が「真里ちゃん払ったの?」と、以前スキャンダルを起こした矢口の違約金に関する疑問を投げかけると、「私はガッツリ払いました」「まだ払い終わってないです私は」と告白。その額に関しても「私は何千万かですけど、払ってます今も」と正確な数字は明言しなかったものの、数千万単位であると明かした。

株式会社イータレントバンク

最終更新:4/21(金) 21:20
E-TALENTBANK