ここから本文です

ウィル・スミス、『アラジン』実写映画化でランプの魔人ジーニー役か

4/20(木) 15:00配信

クランクイン!

 小説『アラビアンナイト』をベースにしたディズニーアニメ『アラジン』に登場する魔人ジーニーを主人公にした実写映画化が2015年に伝えられていたが、プロジェクトが動き出したようだ。映画『フォーカス』(15)や『スーサイド・スクワッド』(16)の俳優ウィル・スミスがジーニー役に浮上しているという。

【関連】アニメ映画『アラジン』フォトギャラリー


 E!Newsによると、ウィルが初期段階の出演交渉に入ったという。ウィルはティム・バートン監督がメガホンを取るディズニーアニメ『ダンボ』実写映画版に出演する予定だったが、スケジュールの都合により降板している。

 美しいジャスミン姫に心を奪われた貧しい青年アラジンが、見つけた魔法のランプの主ジーニーの魔力を借りて恋に冒険に花を咲かせるディズニーアニメ『アラジン』。実写映画化は当初、ジーニーの過去を描く前日譚になると伝えられていたが、現在、作品のあらすじなどは不明。Deadlineによると、エマ・ワトソン主演『美女と野獣』(4月21日日本公開)のようにミュージカル映画になるという。7月より約6ヵ月にわたる撮影がイギリスで始まる予定とのことだ。映画『シャーロック・ホームズ』シリーズの監督ガイ・リッチーがメガホンを取る。他のキャスト候補は不明。

 1992年のアニメ版『アラジン』は世界興行収入5億400万ドルを上げ、その年の世界興行収入1位に君臨した名作だ。2014年に死去した俳優ロビン・ウィリアムズがジーニーの声を務めた。

最終更新:4/20(木) 15:25
クランクイン!