ここから本文です

【先ヨミ】嵐、月9主題歌『I'll be there』が首位独走 THE RAMPAGEの2ndSGが2位

Billboard Japan 4/20(木) 14:05配信

 今週のCDシングル売上レポートから4月17日~4月19日までの集計が明らかとなり、嵐『I'll be there』が32万枚超を売り上げ首位を独走している。

 『I'll be there』は嵐の51枚目となるシングルで、表題曲はメンバーの相葉雅紀が主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ『貴族探偵』の主題歌に起用中。初週売上は前作『Power of the Paradise』を上回っており、初動3日間で323,028枚を売り上げ、2位以下に大差をつけている。

 また、2位のTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEの2ndシングル『FRONTIERS』は、1月25日に発売されたメジャーデビューシングル『Lightning』からわずか3か月でのリリース。表題曲のミュージック・ビデオでは、「開拓者のごとく、新しい世界、新しい自分に踏み込んでいく」というメンバーたちの“決意表明”が表現されている。

 そして、アイドルマスターシンデレラガールズ“STARLIGHT MASTER”の第10弾シングルが3位、その後を約2,000枚差で4位のlol『boyfriend / girlfriend』が後を追っている。また、リリースから3週が経過するも1万枚以上のセールスを伸ばし続ける欅坂46『不協和音』が5位につけている。



◎Billboard JAPANシングルセールス集計速報
(2017年4月17日~4月19日までの集計)
1位『I'll be there』嵐 323,028枚
2位『FRONTIERS』THE RAMPAGE from EXILE TRIBE 26,268枚
3位『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 10 Jet to the Future』多田李衣菜(CV:青木瑠璃子)、木村夏樹(CV:安野希世乃) 23,680枚
4位『boyfriend / girlfriend』lol 21,458枚
5位『不協和音』欅坂46 13,824枚
※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

最終更新:4/20(木) 14:05

Billboard Japan