ここから本文です

富士フイルムHD、決算発表を延期…来月以降に

読売新聞 4/21(金) 0:06配信

 富士フイルムホールディングス(HD)は20日、グループ企業の海外販売子会社で不適切な会計処理が判明したとして、27日に予定していた2017年3月期の決算発表を延期すると発表した。

 これまでの社内調査では、過去数年間の最終利益に与える影響額は累計で220億円に上り、利益を過大に計上していた可能性がある。

 問題が見つかったのは、連結子会社の富士ゼロックスがニュージーランドに持つ複写機の販売子会社。15年度以前のリース取引で発生した損失を計上していなかった。

 富士フイルムHDは外部の公認会計士や弁護士らでつくる第三者委員会を20日に設置した。第三者委は5月中をめどに調査を終える見込みで、決算発表はそれ以降になるとしている。

最終更新:4/21(金) 3:47

読売新聞