ここから本文です

ライコネン「もっと早く2017年型フェラーリを乗りこなせると思った」

オートスポーツweb 4/20(木) 16:16配信

 キミ・ライコネンは今シーズン、思っていたよりもフェラーリの2017年マシンSF70Hを乗りこなすのに時間がかかっていると認めた。

2017年バーレーンGPで優勝したセバスチャン・ベッテル

 ライコネンは2016年シーズンの後半はセバスチャン・ベッテルと対等に戦っていたものの、今シーズンは遅れを取っている。ベッテルは最初の3戦のうち2戦で優勝を飾った。

「正直に言って時間がかかりすぎている」と今シーズンまだ表彰台に立っていないライコネンは述べた。

「すぐにでも調子を掴むはずだったが、明らかにまだそうできていない」

「理由はたくさんあるが、前回の(中国での)レースで初日に(フリー走行が中止になりあまり)走行できなかったことも影響している」

「いくつか問題を解決するのには、走行時間を多く取ることが必要なんだ」

 ライコネンはオーストラリアGPと中国GPでアンダーステアに悩まされたが、妨げになっていたその問題はバーレーンGPの週末には「それほど」起こらなかったと語った。

「今のマシンの状態にはかなり満足している」とライコネン。「自分たちはまさに適切な対処をしていると感じるよ」

「決勝でもマシンの感触はとても良かったけど、僕は最初のラップでミスをして台無しにしてしまい、自分を難しいポジションに追い込んでしまった」

 ライコネンは中国GPでのパフォーマンスについてレース後にフェラーリ会長のセルジオ・マルキオンネから公然と不満を表明され、バーレーンでもまた厳しいレースウイークエンドを過ごすことになった。しかし彼は、まだ結果に反映されてはいないものの、進歩を遂げていると考えている。

 ライコネンは次のように付け加えた。「今は小さなことだけだ。大局を見ると自分たちが望んでいるポジションのすぐ近くにいる。あとはいくつか微調整をする必要があるだけなんだ」

「大きな問題ではないが、その影響を受けており、時間がかかりすぎてしまっている。でも誰のせいでもない、これは僕のやるべきことなんだ」

「全体的には僕たちの状況はずっと満足できるものになっている。結果には不満だけどね」
 
「全体的にはいい。ただ、細部を見ると思わしくない状態が続いている」 

[オートスポーツweb ]

最終更新:4/20(木) 16:18

オートスポーツweb