ここから本文です

英国F4で2台が大クラッシュ。17歳のビリー・モンガーが両足失う重傷

オートスポーツweb 4/20(木) 15:39配信

 4月15~16日、イギリス・ドニントンパークで行われたブリティッシュF4第4~6戦で、パトリック・パスマ(カーリン)とビリー・モンガー(JHRデベロップメント)がクラッシュ。モンガーは両足を切断する重傷を負った。

【写真】モンガーはブランズハッチで行われた第1ラウンドで3位表彰台を獲得していた

 アクシデントは第6戦の決勝レース中に発生した。隊列のなかで走行していたパスマがスローダウンすると、前方を走るマシンで視界が遮られていたモンガーがスピードを落とせないまま衝突。

 事故直後、モンガーには意識があったものの足を負傷。また、クラッシュの影響が大きく、モンガーの救出には2時間近くかかってしまった。

 救出されたモンガーは、即座にヘリコプターでサーキット近くのクイーンズ・メディカル・センターへ搬送され、手術が行われた。

 オーガナイザーが発表した声明によれば、モンガーは今回の事故により両足を切断する重傷を負ったが、容態は安定。順調に回復すれば、数日中にも意識を取り戻すという。

 声明のなかでは、モンガーの家族が「ビリー(・モンガー)の家族は万全の体制で手術にあたった医療チームやマーシャル、救出にあたったスタッフに心から感謝しています」と述べている。

「また、ビリーの同僚や友人、ファン、そのほかこの数日でビリーへ祈りを捧げてくれたすべての人々に感謝の気持ちを伝えたい」

「あなた方のメッセージは、これからビリーを待ち受けるリハビリの助けになります」

 この事故を受けて、JHRデベロップメントのチーム代表、スティーブン・ハンターは海外の寄付サイト『JustGiving』で、寄付を募っており、すでに約34万6400ポンド(4832万円)の支援が集まっている。

 なお、モンガーに追突されたパスマも、事故後、クイーンズ・メディカル・センターへ搬送されたが、大きな怪我は負っておらず、現地月曜日に退院している。

[オートスポーツweb ]

最終更新:4/20(木) 15:41

オートスポーツweb