ここから本文です

五輪出場へ支援「カーリングサポーターズクラブNAGANO」発足

SBC信越放送 4/20(木) 19:44配信

五輪出場へ支援「カーリングサポーターズクラブNAGANO」発足

軽井沢町を拠点にするカーリング男子のSC軽井沢クラブと女子の中部電力の2つのチームを支援する組織が設立されました。昨夜開かれた「カーリングサポーターズクラブNAGANO2018」の設立パーティーには90人ほどが参加し、選手が今シーズンの結果を報告しました。SC軽井沢クラブは日本男子としては初めて自力でのオリンピック出場を決め、スキップの両角友佑選手は「街ですれちがう方々からもおめでとうと言っていただき、本当に感謝している」と述べました。また山口剛史選手は「勝っていた時も負けていた時も皆さんの応援があった」と、これまでの支援に感謝の言葉を述べました。一方2月の日本選手権で優勝した中部電力は、日本代表の座をかけて9月に北海道のLS北見との決定戦に臨みます。清水絵美選手は「9月までにできることを精いっぱいやって、自分たちらしく戦って帰ってきたいと思う」と決意を述べました。清水絵美選手はSC軽井沢クラブの清水徹郎選手の妹で、徹郎選手は「妹は決定した時は合宿中で特におめでとうとも言われず、何日か後に普通に帰ってきた。同じ場所に立つチャンスがあるので、一生懸命悔いのないように頑張ってほしい」とエールを送りました。サポーターズクラブは選手の活動費などにあてる支援金を募り、2つのチームを支えます。

最終更新:4/20(木) 20:25

SBC信越放送