ここから本文です

長野市戸隠にも遅い春・中学生が小鳥の巣箱掛け

SBC信越放送 4/20(木) 19:43配信

長野市戸隠にも遅い春・中学生が小鳥の巣箱掛け

長野市戸隠地区で、来月からの愛鳥週間を前に地元の中学生が小鳥の巣箱掛けを行いました。まだ1メートルほどの雪が残る戸隠森林植物園を訪れたのは、戸隠中学校の2年生・23人です。生徒たちは、北信森林管理署の署員に指導を受けながら、小鳥たちが入りやすい高さという地上2メートルほどの場所に自分たちで作った巣箱を取りつけました。巣箱掛けは1973年から続けられていて、標高の高い戸隠地区に遅い春を告げる伝統行事となっています。

最終更新:4/20(木) 20:27

SBC信越放送