ここから本文です

「小嶋陽菜は奥が深い人」同期の高橋みなみ語る

日刊スポーツ 4/20(木) 7:57配信

 AKB48小嶋陽菜が29歳の誕生日の19日、東京・秋葉原のAKB48劇場で卒業した。1期生としてデビューしてから11年5カ月。AKB48グループでは最後の昭和生まれで、黄金期を引っ張った初期メンバーの最後のビッグネームが、制服を脱いだ。1期生としてともにグループを引っ張ってきた高橋みなみ(26)がエールを送った。

【写真】小嶋陽菜「AKBが与えてくれた」卒業スピーチ全文

<同期・たかみな語る>

 小嶋さんとは長い付き合いですが、知れば知るほど、奥が深い人です。周りからはフワフワして見えますが、何も考えていないようで一番考えてきた人です。

 以前、小嶋が「モデルとして“アッパー”(オシャレ)な現場の翌日に、AKBの握手会でオジさんファンに『服がダサい』とダメ出しされる…。そのギャップが楽しい」と話した記事を読んだことがあります。今や、一タレントとして評価されているのに「AKB48の小嶋陽菜」もすごく楽しんでいるし、おもしろがられる。それはファンの方にも向いている証拠で、皆さんも追っ掛けていて楽しかったのだと思います。

 作家朝井リョウさんは小嶋を「芸能界の蛭子能収さんポジション」と言いました。普通の人ならちょっと許されないことを言っても「こじはるならしょうがない」となる。蛭子さんも、愛嬌(あいきょう)にあふれてますよね。誰もがなりたくてもなれないポジションを、築き上げてきたんだと思います。これからも変わらず、エンタメを楽しくやると思います。自分とは活躍するフィールドが違うことは良かったですね。競っても勝てないですから(笑い)。

最終更新:4/20(木) 8:18

日刊スポーツ