ここから本文です

江畑佳代子「説得力ある立場ほしい」5・19世界戦

日刊スポーツ 4/20(木) 9:55配信

 ボクシングの女子世界戦で初王座をかけた日本人対決が19日に都内で発表された。

 WBO世界ミニフライ級王座決定戦で、江畑佳代子(41=ワタナベ)と塙英理加(26=UNITED)が、5月19日に東京・後楽園ホールで対戦する。江畑は男子含めて国内最多6度目の挑戦で、プロ2年目の塙は7戦全勝で初挑戦。江畑は「説得力ある立場がほしくなり、わがままを聞いてもらった。意地と執念で勝つ」と決意を披露。塙は結婚で上京を機にプロ転向し「江畑さんには指導を受けたこともあるが、チャンスを生かしたい」と恩返しを期した。

【写真】ベルトをもってポーズを決める江畑ら

最終更新:4/20(木) 11:32

日刊スポーツ