ここから本文です

暴言退場の緒方監督に厳重注意と制裁金10万円

日刊スポーツ 4/20(木) 14:10配信

 プロ野球の熊崎勝彦コミッショナー(75)は20日、19日の広島-DeNA2回戦で、審判員への暴言で退場処分を受けた広島緒方孝市監督(48)に、厳重注意と制裁金10万円を科した。

【写真】アウトとなった小窪、非常に微妙な判定だった

 緒方監督は、DeNA戦の7回2死一、二塁から、遊撃へのゴロで一塁へヘッドスライディングした小窪がアウトと判定されたことで、叫びながらベンチを飛び出し、一塁の山路審判に詰め寄った

 6回1死でも、田中の三遊間の当たりを同様にアウトと判定され抗議していた。最初は軽い抗議だったが、2度目は耐えられずに激高し、選手、コーチ時代を含めて初の退場処分を受けた。山路審判員は「抗議を超える暴言があった」と理由を説明していた。

 広島からは2つのプレーに対する意見書が、セ・リーグに届いた。

最終更新:4/20(木) 17:58

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/27(木) 20:25