ここから本文です

遠藤憲一「とんねるず夫人制覇」鈴木保奈美と夫婦役

日刊スポーツ 4/20(木) 16:08配信

 次期NHK連続テレビ小説「わろてんか」(10月2日スタート)の主要キャストが20日、同大阪放送局で発表され、葵わかな(18)演じるヒロイン・てんの父は、遠藤憲一(55)に決まった。

【写真】遠藤憲一ら名脇役6人

 てんの母は鈴木保奈美(50)で、遠藤と夫婦役。遠藤は10年の「てっぱん」で、安田成美と夫婦役を演じており「とんねるずさんとは1度も共演したことがないんですが、妻をいっぺんにゲットできて幸せです」と、木梨憲武夫人に続き、今度は石橋貴明夫人との共演にニンマリだった。

 遠藤にとって朝ドラは2作目。その2作でとんねるず夫人の女優2人と夫婦役だ。「僕はもともと、20代初めのころ、朝ドラのオーディションを受けて、『朝ドラの顔じゃない』と言われまして」と明かした遠藤は、まず10年の「てっぱん」出演に驚き、再び朝ドラが決まり、さらにビックリしていたという。

 そこに妻役が鈴木となり、相当の衝撃だったようで、この日の会見全体を通して、第一声となったのが、遠藤の「とんねるず夫人制覇」発言だった。

 ヒロイン・葵らの緊張は一気に和み、続いてあいさつした鈴木は「もう~! いきなり」と苦笑するしかなかった。

 その鈴木は、息子1人にヒロインを含めて娘は2人いる設定で、実生活でも3人の娘を育てていることから、実生活での経験が生きるかを問うと「もう、公私混同で! しっかり生きてます」と、遠藤に負けじと笑わせていた。

最終更新:4/20(木) 16:29

日刊スポーツ