ここから本文です

羽生結弦まさかのSP7位、天を仰ぎプリンスに謝罪

日刊スポーツ 4/20(木) 21:27配信

<フィギュアスケート:国別対抗戦>◇第1日◇20日◇代々木第1体育館◇男子SP

 世界選手権王者の羽生結弦(22=ANA)が83・51点の7位とまさかの出遅れだ。

【写真】日本チームの前でジャンプの着氷に失敗する羽生

 冒頭の4回転ループが空中で抜け、続く4回転サルコーで手をつくミス。3回転トーループとの連続ジャンプにつなげられなかった。演技後は天を仰ぎ「ごめんなさい」。米歌手プリンスの「レッツ・ゴー・クレイジー」を使用するが、「明日(21日)がプリンスさんの命日。こんなんじゃ、顔に泥を塗ってしまうようなもの」と悔しさをかみしめた。

 点数が表示されても、表情を変えなかった羽生。日本のエースとして、21日のフリーで巻き返しを図る。

最終更新:4/20(木) 23:06

日刊スポーツ